朝食か夜食かどっちに食べると効果的?

ヨーグルトというと何故か朝食に食べるイメージがありますよね。

朝食の後に胃を優しくおさめる役割も兼ねてそういったイメージが当たり前のようになっているのだと思います。もちろん朝食後にヨーグルトを食べる事は健康の為にも良いので正解です。

 

そして、夜にヨーグルトを食べた方が良いというのは、睡眠時にカルシウムの吸収率が上がり、人の骨が形成されるので良いのではないかと言われています。

 

その他にも夜に分泌が増える強い胃酸からもヨーグルト効果によって胃を守ってくれるので夜にヨーグルトを食べる方も最近多くいるそうです。

 

夜に食べるヨーグルトという事でナイトヨーグルトと言われプチブームになっているのも納得できますね。

 

体に害のない食べ物ですので、一番効果的なのは、やはり朝食後と睡眠前に一日2回、ヨーグルトを食べる事が最も腸内を整えるのに効果的だと思います。

 

TOPページへ行く