ヨーグルトはインフルエンザにも効果的?

毎年冬になると怖いのがインフルエンザ。テレビなどで大々的にR-1乳酸菌がインフルエンザに効果的と報道され、店頭ではR-1乳酸菌が売り切れ続出で話題となりました。

 

R-1乳酸菌はお薬ではないので、風邪を治す特効薬にはなりません。インフルエンザに罹ってしまったからといってR-1乳酸菌を飲めば治るわけではないので、その点は誤解せずに風邪をひいたらお医者さんにお薬を貰いましょう。

 

何故R-1乳酸菌がテレビに取り上げられたかと言うと、R-1乳酸菌はインフルエンザの予防に効果があると発表された事で一気に有名になりました。

 

日本大学上野川修一教授の説明では、

「発酵の過程で多糖体というたんぱく質を大量に作り、腸内のナチュラルキラー細胞を活性化してウイルスを撃退する」との事です。

  

ただ、やっぱりR-1乳酸菌入りのヨーグルトも毎日取ることが大事みたいです。

体に良いことは継続しないといけないといったところですね。 

 

毎日ヨーグルトを食べる習慣を身に付ければ腸内もリセットされ良いこと尽くしばかりですね。

 

TOPページへ行く